日陰でもガーデニング!

レディーオブシャーロット 気になること

レディーオブシャーロットが次々咲いてきました~❤

KIMG2351.jpg

KIMG2352.jpg

KIMG2358.jpg

KIMG2365.jpg

ああ~、この形と色❤

たまりません(*´▽`*)

ころんころんのこの形✨

ちょっぴり落ち着いたサーモンピンクがかったオレンジ❤

これに惚れちゃったんですよね~♪

ほんと美形です✨




さて本題。

こんなにきれいに咲いてくれたシャーロット嬢ですが、気になることがあります。



【気になること①】

・枝が枯れる。

KIMG2295.jpg

おわかりでしょうか。

枝の半分だけ緑で、半分は枯れているのです。

すなわち…

えだ

こんな感じ。

枯れた側の枝は…
KIMG2293.jpg


緑の側の枝は…
KIMG2294.jpg

更に他の枝も…
KIMG2291.jpg


これって…キャンカー??

実は2年ほど前から切った部分が枯れ込むようになりました。

でも進行が劇的に早いわけでもなく、これで株が枯れることもなく…

だましだましやってきたのですが。

でも明らかに変なのです。

新芽も縮れるし( ;∀;)

キャンカーなら切るしかないと思うのですが、切ってもまた枯れこみます…

なんなのー!!!




【気になること②】

・葉のふちが茶色くなり、黄変して落ちる。

KIMG2354.jpg

KIMG2361.jpg

KIMG2297.jpg


実はこれも2年ほど前から気になっていたのです。

いつもこの時期になると同じ症状が表れます。

肥料不足?と思って液肥をあげるのですが、変化なし。

去年は褐斑病?と思ってダコニールを灌水したのですが、変化なし( ;∀;)

花が終わって新芽が出始める頃になると

自然に治まってくるのですが…(去年は。)

何なのー!!!



大好きなレディーオブシャーロット、失うわけにはいかないので

どなたか原因ご存知の方がいらしたら教えてくださ~い( ;∀;)




にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは~

枝枯れは不明ですが、葉の方は病気でしょうね。
ダコニールを潅水したそうですが、ダコニールは菌に直接つかないと効かない薬なので潅水ではなく、噴霧器でしっかり散布しないと効きません。
散布の際は葉の裏にもしっかりかけないと意味がないです。

殺虫剤も殺菌剤も使い方を間違えると意味のないものになりますよ。

イセゴイ | URL | 2017/05/11 (Thu) 21:15 [編集]


Re: タイトルなし

イセゴイさん、こんばんは♪

やはり葉は病気ですか~💦
インターネットで調べた中に、「褐斑病にはダコニールを潅水する」とあったので
潅水したのですが、散布もしてみます(+_+)
そもそも褐斑病なのかも今の所分からないので、
ダコニールが効果的かどうかも分からないのですが…( ;∀;)
とりあえず消毒の意味も含めて散布してみます!
早々にアドバイス下さってありがとうございます(^^)!

kaori | URL | 2017/05/11 (Thu) 22:44 [編集]


や〜ん、心配ですね(*_*;

枝がれ病って、5月に出やすいとか?!
わたしもありましたけど、切ってトップジンペースト(だっけ?切り口に塗る殺菌剤)を塗っておいたら大丈夫でした。

以来、ガブちゃんとか、ブルー系のデリケートそうな子は、必ず塗るようにしています。
ハサミは、ウエットテッシュで品種ごとに拭いて使ってます。

葉っぱはなんでしょうね?
うちのポンパさんは夏に葉の外側が茶色になることがあるけど、葉焼けみたいですが。。。

Russian Rose | URL | 2017/05/12 (Fri) 12:59 [編集]


こんばんは~

あくまでも私の主観ですが、
1.剪定が深すぎます。
2.キャンカーではないと思います。
3.葉っぱのしわしわは全く異なる原因。
と、思います。

したがって対処は、
葉っぱに対しては薬剤散布。
剪定をもう少し浅めにする。
だと、考えます。
薬剤散布はもうわかっていらっしゃるようなので。

ゆごう剤を塗ってらっしゃいますが、本来ほとんど必要ないです。
もちろん塗ってもいいですが。
もう少し茎を残すように剪定すれば、その茎が外から菌等を取り込まないように壁の役割をしてくれるはずです。

ではまた。

しんしん | URL | 2017/05/12 (Fri) 20:40 [編集]


Re: タイトルなし

Russian Roseさん、こんばんは♪

そうなんですよ~!
花はきれいに咲いているだけに、余計心配で…💦

枝枯れって5月に出やすいんですか?!
確定ですね…( ;∀;)
私も切った後はトップジンペーストを塗っているんですが、
塗っているにも関わらず枯れてきてしまって…
塗り方が甘かったのでしょうか…
次に切ったらもっとたっぷり塗るようにしてみます!
はさみもちゃんと消毒しないといけませんね~(^_^;)

葉っぱも葉焼けであってほしいと思っているんですが、
ハラハラと落ちていくのがハンパなく…
ほんと鉢バラって色々手間がかかります!
地植えにしたいよ~(笑)💦

色々教えてくださってありがとうございます(*´▽`*)♪
治ってくれるように色々処置を試してみま~す💦

kaori | URL | 2017/05/12 (Fri) 20:41 [編集]


Re: タイトルなし

しんしんさん、こんばんは♪

そうなんですか~、う~む、難しいですね(^_^;)
私の持っている本には、剪定の際は切り残しがないよう
ぎりぎりで切るように書かれているので、
そのように剪定してしまっていました(とある有名バラ専門家の方の本です)💦
でも専門家の方も人によって言われていることが違いますし、
育てている環境も違いますから、合った方法を探していかないといけませんね。
シャーロット嬢はこれから少し深めに剪定するようにしてみます。
ただ、この枯れた部分はもとに戻らないので、
枯れこみが進行するようなら切らなきゃな~と思っています( ;∀;)

色々と詳しくアドバイスを下さってありがとうございました♪
できる限り対処してみたいと思います!

kaori | URL | 2017/05/12 (Fri) 23:31 [編集]


シャーロット嬢花が綺麗なだけに元気にしてあげたいですね

枝の枯れは枝がもう古くなっていて
更に根が弱ってるために樹液の廻りが悪く
冬の間に凍結したものが
暖かくなって症状がでてきたんだと思われます。
新しい枝じゃなくて古い枝だけが枯れてるから
キャンカーではないと思う。
枯れてる細い枝の元もこの古い枝だったりしませんか?

枯れてきた枝にいい枝があってもったいないようですが
古い枝は根元から切っちゃって新しいシュート出させて更新させてもいいかも。


葉っぱの黄変は夏になると治まるなら土の水捌けかも。
水捌けが良くなくて根が傷んでて暑くなると土も乾くから
治まってくるって理屈かもしれません。

病気なら夏に治まることはなくて
もしかっぱん病ならとっくに枯れてるような。

かっぱん病なら土の殺菌もしないといけないので
ダコニールの灌注は有りですね
メーカーのHPにもダコニールの灌注の使い方書いてあります。
ただ 灌注だけじゃなくて散布は必要なんでしょうね。

品種によって水の欲しがり方が違うし
kaoriさんのところは日当たりが良くないから
蒸散が一般より少ないのかも
蒸散が少ないと土から水を上げなくて
根腐れ気味に傷んでしまうでしょうから
他の人より渇き気味の管理がいいかもしれません。


と この話は一般的な話

あと1案

というかもうひとつは過去ログを見返すと
シャーロット嬢の土変えてなくて根がパンパン?
今でもそうですか?

根がパンパン過ぎて保水スペースがなくなり
水枯れを起こして根が傷んで
そこに肥料やりすぎで更に根が傷んで
パンパンなために新しい根が発生するスペースがなく
保水スペースもないため
常時水が足らない状態ってことはありませんか?
もしそうなら花後梅雨明けまでに根鉢を崩さないで
鉢増しでしょうね。
ただファイバークレイで根を崩さないと抜けないなら
冬までやったらダメでしょうね
冬やるならその時に根をカットしてスペースを作るか
鉢増しをして白根を促す。
そんなとこでしょうか。

2つは考え方間逆ですが病気ではなく
根の環境という考え方です

もしくは両方
日照不足で蒸散がすくないから樹液の廻りが良くなくないけど
根も詰まってて傷んでるから水を吸い上げないことも有り
常時水不足ぎみで完全に水不足になる手前のギリギリで
がんばってくれてるのかも知れないですよ(笑)

どっちにしろ病気ではないような気がしますね。
病気なら他にも移るけどそれは無いようだし。


アプローチの仕方はいろいろあるので
思案してみてください。(笑)

シン | URL | 2017/05/13 (Sat) 00:32 [編集]


うーん

こんばんは(゜_゜>)
美しい シャーロット嬢お花が見られたのに
枯れは心配ですね👀

皆様のお答えに ほう👀 そっか~👀
と まったく役立たずでもうしわけありません💦

葉の症状は昨年も出ましたが 復活した例のヤツでしょうか・・

皆さんの見解ではキャンカーではなさそうというのが
ホッとしたところですが・・・

どうか原因がわかり 復活しますように✨

rekuぼたん | URL | 2017/05/13 (Sat) 01:01 [編集]


初代バリエガタディボローニアが、同じ症状になって、結果枯れました>< で、その後を掘ったらねー、根が少なくなってたの。もしかしてコガネベビー、カミキリベビーがいたのかと思ってしまいました><
それとも、土の中にウィルスがいたのか、剪定ばさみからウィルスが入ったのか、散々悩み結論出ませんでした。地植えしてました。

花が一段落したら、土を全とっかえしてみるのもどうかなぁと思いました。
どうかどうか元気になってと祈っています^^

mimiha | URL | 2017/05/13 (Sat) 10:52 [編集]


こんにちは!

このバラ、すごいきれいなオレンジですね。
美しいです。

と思ったら病気なんですね・・・。
葉っぱ関係は、根詰まり、根腐れ、乾燥しすぎなど、根の障害が出ることが多いですが、いかがでしょう?
あとダコニールって予防薬で、治療薬じゃなかったと思うのですが、バラだと違うのかな。中途半端なこと言っちゃダメですね、すみません。

こんなときに不躾ですが、リンクはらせていただいてもよろしいでしょうか?
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

うしぇしぇ | URL | 2017/05/13 (Sat) 13:22 [編集]


Re: タイトルなし

シンさん、こんばんは♪

うわー‼すっごい詳しい説明ありがとうございます(゚Д゚)!!
シンさんはほんとバラにお詳しいし、分析されてるんですね~、
テキトーに育てている自分が恥ずかしい…(^-^;

確かに枯れた枝はお迎えした時からのもので、一番古い枝ですね!
良く見たら枝は出ているものの、その先に花は一切付いていませんでした。
古くなったことによる枯れであれば、切って更新した方がいいですよね!
明日早速切ります、花咲いてないし葉も少ないので惜しむ気持ちはありません(笑)
先端の枯れは昨年のベーサルから出た枝の先でした。
でも結構細いので栄養が届かなかったのかな?
これもある程度の太さのところまで切ります、誘引に便利だったので残しておいただけなので(笑)
こんなこと考えずに細い枝は冬にちゃんと切ってれば良かったです…
いい勉強になりました( ;∀;)

根詰まりの件ですが、昨冬に土替えをした際、
パンパンに詰まってたので、ある程度すいて整理しました。
なので今は根詰まりは無いと思います(^^)
ただ、隣のプシュケは鉢土があっという間に乾くのに対して
シャーロットはなかなか乾きません。
水あげがうまくいってないようですので、確かに根が弱ってるのかもしれません(>_<)
もしくは品種の特長なのかもしれませんが…
水を加減して乾きぎみにしてみたいと思います!

土への、灌注やっていいですね!
去年フツーにやってしまったので💦
かっぱん病の場合はきっと灌注と散布どちらもやるといいんですね!
そしてシンさん、大変なことに…
ブルームーンにも同じ症状が出てきました…
うつってしまったような(>_<)
これはやっぱり病気でしょうか…
予防も兼ねて早々に薬まきます💦

色々教えて下さってありがとうございました(^^)
ひとつずつ対処を試してみます!

kaori | URL | 2017/05/13 (Sat) 21:54 [編集]


Re: うーん

rekuぼたんさん、こんばんは♪

そんなそんな、とんでもない!
励まして頂いてありがとうございます(^∇^)

私も皆さんのお答えを見て、勉強になるばかりです!
こんなに分析し、丁寧に育てられているのだと…
テキトーすぎる自分が恥ずかしいですよ(笑)

特定するのはなかなか難しいと思うんですが、
手当たり次第皆様からの対処法を試してみます(^-^;

あと、最悪の場合に備えて挿し木保険しておかないと!
rekuぼたんさんの挿し木、参考にさせて頂きま~す(≧ω≦)

kaori | URL | 2017/05/13 (Sat) 22:00 [編集]


Re: タイトルなし

mimihaさん、こんばんは♪

のぇー!!枯れちゃったんですか?!あぁ…( ;∀;)
しかも地植えなのにこうなることがあるんですね!
恐ろしや…

やっぱり根に何かありそうですよね💦
コガネキッズの可能性もあるんですね、オルトランまかねば!
バラって色々な症状があって、特定するの本当に難しいですよね。
花が終わっても調子が戻らなかったら
ちょっぴり土をいじくってみようと思います💦
アドバイスありがとうございました~!!
なんとか生き残ってくれるよう頑張ります!

kaori | URL | 2017/05/13 (Sat) 22:09 [編集]


Re: タイトルなし

うしぇしぇさん、こんばんは♪

そーなんですよ、こんな綺麗に咲いてるのに
病気っぽいんですよ…( ;∀;)

葉っぱ関係は根が関係してるんですね!
根が見えればいいのに…
皆さんからのアドバイスでも、根が怪しいという意見多数なので(笑)、
花が終わったら、そーっと根の確認してみます💦

ダコニールは予防薬ですが、殺菌作用があるので
これ以上悪化させないようにという意味ではいいのかな?
と勝手に解釈してますー(笑)
私も詳しくないので探り探りですが…
これで効いたらラッキーですね(^-^;

こんなつたないブログで宜しければ、リンクぜひお願いします~♪
私もぜひリンクさせて下さい(≧▽≦)!

kaori | URL | 2017/05/13 (Sat) 22:19 [編集]


根はカットしたんですね。
それなら白根が出るスペースは大丈夫そうですね。

そうなると物理的な事だとファイバークレイの排水穴って1個ですよね
そのあたりの排水不良は考えられませんか?
たまに売ってるファイバークレイの鉢の穴の廻りに
ファイバーが重なって盛り上がってて水溜りができちゃうものも見かけます。
底石はいれてます?網とかです?そのあたりが土で埋もれて
水が抜けにくいってことはありませんか?
土の種類はどうです?
保水性がいい土とか排水がいい土とかはいかが?
と いろいろネタはありますから悩んでください(笑)

とりあえず水やりを控えめにするのがいいんでしょうけど
目安として4000円くらいで売ってる水分計とかを
使うと良いかも。
サスティーはダメですね 4本使いましたがイマイチでした。

もし ほんとにかっぱん病なら

かっぱん病は排水の悪い土地の植物が掛かる病気だそうです。
3~6月 9~11月に発生するそうです。

水の渇き気味な管理をしながら薬剤となりますが
ダコニール散布と灌注だけだと耐性がつくから
トップジンMとのローテがいいんじゃないでしょうか
トップジンMをバラの灌注したって記事はないから
良いかどうかはわかりませんが
トップジンMの灌注も他の木だと登録がありますね
でも散布は問題ないですが灌注は自己責任かな
とりあえず灌注処理自体は複数回するものじゃないので
灌注したら土の良い菌も死滅するから
菌の黒汁ローゼスとかで良い菌を入れてあげるといいそうです。
あとトップジンMはびっくりするほど葉っぱが汚れます。

ダコニール1000は予防ってイメージが強いですけど
メーカーHPには予防・治療って書いてあります。

がんばって戦ってみてください!!


シン | URL | 2017/05/14 (Sun) 08:26 [編集]


Re: タイトルなし

シンさん、こんばんは♪

おお!更に詳しいアドバイスありがとうございます!!

実を言うと心当たりがあって、
購入当時、ファイバークレイの底が少し盛り上がっていて
水が溜まりそうな形になってたんですよ。
う~ん、ちょっとやばいかな~と思いながらも底石を多めに入れてみたんですが
今まではそこまで深刻になることがなく、今年も大丈夫だと思って
同じ鉢を使ってしまったのですが…
見て見ぬふりをしてしまったと後悔してます( ;∀;)
穴を空けるのも考えたんですが、割れたらヤダなぁ~と思ってしまって…
土も思い当たることがあって、去年は赤玉多めの土を作ったのですが、
あまりに乾きやすく、今年は配合変えて保水性高めにしてみたんです。
プシュケは全く関係なく乾きますが、シャーロット嬢には合わなかったのかも…
やっぱり色々な要因って積み重なると影響出てくるんですね💦

去年、夏に改善したのはやはり乾きやすくなって
排水が丁度良くなったからなのかもしれません。
もしも褐斑病なら、シンさんが書いてくださった季節とドンピシャですし(笑)

もう色々考えられることがありすぎて、何から手を付けていいやら…
とりあえずは乾き気味にすることと消毒をやってみます。
今年は二番花諦めて養生にしようかと(^_^;)
でも樹勢だけは良いので新しい葉がどんどん出てくるんですよ。
元気なのか具合悪いのか分からなくて困っちゃいます(笑)

詳しく教えてくださってありがとうございました!
ちょっと自信を無くし気味ですが、愛しいバラちゃんのため、頑張って戦います!!

kaori | URL | 2017/05/14 (Sun) 17:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)