日陰でもガーデニング!

バラの葉 不調の正体 「べと病」

以前、我が家のバラの葉がふちから赤茶色くなり、

最終的に黄色くなって落ちるという症状をお伝えしました。

KIMG2361.jpg

KIMG2354.jpg

KIMG2297.jpg

KIMG2785.jpg


病気だと思ってはいたのですが、正体が分からず

皆様に色々ご意見を頂いていました。



そして…つい先日、この病気の正体が明らかになったのです!

それは…

「べと病」!!!



えぇー?!べと病?!きゅうりとか野菜がなるやつ?!

バラもなるのー?!べとべとしてないしー!!

びっくりですよ。



実は 「VARIOUS H・L」 のシンさんが、バラ塾に行った際に

木村さんに直接ブログの画像を見せて聞いてくださったのです‼

なんてありがたい…ありがたやありがたや~m(_ _)m💦

木村さんは「べと病に見えますね」とお答え下さったそうです。

以下、シンさんからのコメントを対談風に(笑)



――――――――――――――――――――

【シンさん】(写真を見せて)、これ何でしょうか?

【木村さん】花が終わった頃になると治まるってことだから
ベト病の確率が高いと思います。

ベト病は暑くなると治まってまた気温が下がる秋にでるんですよ

発生原因はベト病の菌自体はどこにでもいるし
ご自宅の庭のどこかの木かもしれないし
お隣からくることもある
通常はあまり掛からないからベト病に弱い品種なんでしょうね

【シンさん】どうしたらいいです?

【木村さん】夏は治まるからそのままできるだけ元気にしてあげて
秋に葉っぱが落ちて枝だけになってから2回くらい薬を撒くといいと思います。

その時は枝だけじゃなくて廻り全部
土、鉢はもとより庭の土、石、コンクリートとかも撒いた方がいいですね。

秋の菌が春に持ち越されて春にでてくるから
持ち越さないようにしっかり消毒すればいいと思います。

【シンさん】冬前に木の中に菌があるなら冬剪定の時に菌を減らす意味で
バッサリ切り詰めたらどうです?

【木村さん】バッサリいっちゃうと樹勢がおちるからやめたほうがいい。

ただ ベト病に効く薬はバラに登録がないんですよ
他の木に有効なベト病用の薬を使うしかなくて
そうなると自己責任になっちゃうんですよね~


――――――――――


●べと病
・葉のふちが紫~褐色になったり、斑点が現れたりする。
・葉があっという間に罹患し、落ちることが多い。
・春、秋の気温の差が大きい時に発生。
・湿度が高い、蒸れが原因。
・バラではあまり見かけないΣ(゚д゚lll)ガーン

対策
・蒸れないように葉を整理。
・夕方に水をあげない。
・薬剤散布で消毒。


だそうです。

まーさーにーこーれー。

確かに我が家はじめじめしてるし、去年も同じ症状になったから

菌が持ち越されていたのかも‼

正体分かってスッキリです!



しかし、しか~し…

この事実を知る前、あまりにも酷くなる症状に我慢が出来ず、

バッサリと切ってしまったのです!

もうちょっと待てばよかったぁー( ;∀;)

とりあえず今は新芽が出てきたので療養中。

べと病予防に効くとされるダコニールやオーソサイドを使っています。

サンボルドーもよいようです。

新芽には全く茶色い影は見当たりませんから、今のところ良しとします。

黒点の予防にもなりますし。



あー、すっきりしたぁ~‼

まだ治ったわけではないのですが、

病名が分かっただけでも対策のしようがあります!

本当に良かった(笑)

シンさん、ありがとうございました‼

そして今までご意見を下さった皆様、ありがとうございました(≧▽≦)!


にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

F&Gローズ 華宵

あ~、またやってしまいました…

私のバカタレ…

うちにはバラは向かないのに…

もうあまり増やさないって心に決めてたのに…




事の経緯

・昨日ネットでバラを眺める。「華宵」というバラ発見。とっても好み。
 「可愛いのぉ~、コロンコロンで好み❤」見て満足。買う気は無し。

・今日、夏の寄せ植え苗を購入しにセール中の園芸店(サカタのタネ)へ。

・夏苗あまり安くなってなくてがっかり。

・来たついでにバラでも見て行こう。

・な、なんとバラ全品50%OFF!!!
 「ロゼ・ピエールドゥロンサール」や、なんと「ライラ」も!!

・ん??あれは…「華宵」?!華宵も50%OFF?!

・これは…運命!!私を待ってたに違いない!!

・お迎え。



と、こんな感じに。

はぁ~、夏苗を買いに行ったのに、一体何をやっているのか…

自分の我慢弱さに涙が出ます( ;∀;)

また夫がブツクサ文句を言うでしょう。

知らんぷりして、前からあった風に振る舞おう。




【華宵】 F&Gローズ ネオモダンシリーズ
1325.jpg

1325_2.jpg
京阪園芸ガーデナーズ様より拝借


花径:10~12cm
樹高:1.2~1.4m
用途:鉢植え向き
花季:四季咲き⇒くり返しよく咲く
その他:香⇒豊かな香りのバラ




F&Gローズは初めてです。

どんな風に育つのかしら。

「華宵」はバラの家や他のサイトにもあまり詳しく載っていなくて

私が育てられるかちょっと心配。→だったらお迎えするな(# ゚Д゚)

ちなみに本日お迎えした新苗。

KIMG2796.jpg

2本のベーサルがありました。

ちょっとうどんこでしたが、まあ許容範囲。

さて、これからどう育ってくれるでしょうか(^^)?!




にほんブログ村

PageTop

ベビーロマンティカ

我が家の新入りバラ、ベビーロマンティカ(ロマンチカ)✨

KIMG2649~2

か~わ~い~い~(笑)



随分長く咲き続けています(≧▽≦)

昨年新苗でお迎えし、花を咲かせたのは初めて。

コロンコロンの可愛い花を咲かせてくれました♪



◎ベビーロマンティカ
・木立樹形だけど大きくなりすぎない。
・切り花品種で花持ちがいい。(実際かなりいい!)
・四季咲き
・鉢植え向き



日陰に強いとかの表記はありませんでしたが、

今のところは我が家の悪い日当たりでも問題なしです。

房咲きで、一つの花枝に4~5個の蕾。



KIMG2500~2
先に真ん中のが咲きました。


KIMG2644~3
真ん中が終わって切ったら次々に周りが開花。


KIMG2654~2
この色なんですよ~、大好き❤

黄色?オレンジ?ピンク?のグラデーション✨



樹勢も強く、べーサルが3本上がりました(*^▽^*)

他のバラがうどん粉になる中、ロマンティカは罹患せず。

葉がつやっつやなので、いかにも強そう(笑)

樹形はなんもしなくてもまとまってくれると書いてましたが

本当にその通りで、おりこうさんです♪




ちなみに…去年お迎えした時の様子。
KIMG0173_20160704211524_20170603200021b8e.jpg

いや~、7月にこの苗が届いたときはびっくりしました。

普段は買わないとあるネットショップで購入したのですが。

今までこんな感じの新苗が届いたことがなかったので…

こんなもんですか(笑)??

でも今やあんなにきれいに咲いてくれて…

おりこ~う(≧▽≦)✨

昨年咲かせなかった分、今年は存分に楽しみます♪





にほんブログ村

PageTop

ロサオリエンティス プシュケ

ロサオリエンティス プシュケがぽつぽつ~と咲き続けています♪

KIMG2571.jpg

KIMG2570.jpg

KIMG2572.jpg


我が家では一斉に咲くというよりはぽつぽつと時間差で長く咲いています。

日陰に強いか弱いか分からず、可愛い花に惹かれてお迎えしたのですが

いざ育ててみると…強い強い(^_^;)

日当たりが悪い我が家でも関係ありません。

鉢植えバラの中では一番元気。

ベーサルも毎年必ず上がってます。

株の形はシュラブですが横広がりにならずきゅっと締まっていて、

オベリスクに誘引してもまとまりがあります。

鉢植えに向く半つるといったところでしょうか??

香りも良くて嬉しい❤

ややうどんこに罹りやすい気がしますが、重症化はしませんでした。



そんなプシュケさんの様子。

KIMG2533.jpg
咲き始めはアプリコット


KIMG2530.jpg
咲き進むとピンクっぽく❤


KIMG2548.jpg
更に咲き進むとポンポン(*´ω`*)


KIMG2547.jpg
最終段階はうす~いひらひら❤


色の変化が結構ありますね!

見に来てくださった方も、「これ同じ株のバラですよね~??」と(笑)

四季咲き??なのか昨年はずっと蕾が上がり続けていましたが、

今年は摘もうかな~と思っています。

新しい枝を出さなくては!!

日陰の庭は欲張っちゃあいけません(^_^;)

でも、プシュケは本当に強いので日当たりが悪い庭におすすめ~✨




にほんブログ村

PageTop

ピエールドゥロンサール 満開♪

我が家で最も大きな日陰バラ、

ピエールドゥロンサールが満開を迎えました♪

KIMG2664~2

KIMG2675~2

KIMG2676~2

KIMG2667~2



今年は昨年よりも元気な枝が少なくて心配したのですが、

それでもこの環境で毎年健気に咲き続けてくれます。

ピエールさんの場所は午後2時間程度の日当たり。

しかも土はじめじめ。

さらに下草にはアジュガ。苔も生えて(笑)

家の壁が白くて明るい感じがするのですが、

太陽に背を向けていて、ほぼ日陰になります。

う~む、強いバラです。




数年育ててやっと分かったことがあります。

それは我が家の日当たりでは細い枝を残してはいけないということ(^_^;)

ピエールさんは本来、細い枝にも花を付けるそうですが、

我が家は全く付けません。

更に細い枝から出た葉は真っ先に病害虫の餌食に。

残すだけ意味がないです( ;∀;)

今年も細い枝を残してしまい、その枝は一切花を付けませんでした…




あと、2時間程度の日当たりはありますが、

その中でも全く日が当たらない暗黒の場所があります。

その部分の枝は全てブラインドもしくは出開きでした…

そこには誘引しても花は咲かないと分かりました(笑)




つまり日陰の庭(我が家)の場合だと…

・細い枝には花が付かない&病害虫にやられるから残さない。
・全く日が当たらないところに誘引すると、その枝はブラインドや出開きになる。

ということがようやく分かりました(^_^;)

来年は不要な枝はバンバン切って、誘引の場所にも気を付けます!

う~ん、日々勉強ですね~。




にほんブログ村

PageTop