日陰でもガーデニング!

カンパニュラアルペンブルー(ポシャルスキアナ) 冬の様子

暖かくなったり寒くなったり、難しい天気ですね~。

春っぽくなってきてはいるのですが…



さて、本日は「カンパニュラアルペンブルー」の冬の様子を。

☆カンパニュラアルペンブルー 春の様子☆
DSC_2202_20170207082733f9c.jpg

DSC_2195_2017020708273039f.jpg

DSC_2201_2017020708273293a.jpg


カンパニュラポシャルスキアナとも呼ばれるそうです。

爽やかな色と素晴らしい花付き♪紫の海になります(笑)

とっても強健でよく殖えるお花です(*´ω`*)

日向を好むそうですが、我が家の日陰花壇でも咲いてくれますし、

日陰でもあまり花付きに変わりがありません。

むしろ夏は日向だと暑さで枯れてしまうので、日陰で丁度いいと思ってます✨

我が家では日陰花壇に植えていましたが、あまりに増殖していくので

プランターや駐車場横にも適当に植えていますが、どんどん増えています…

雑草のごとく(笑)



そんなアルペンブルー冬の様子。

KIMG1301.jpg

霜に当たりながらも元気です(^^)

アルペンブルーは寒さに強く常緑なので、冬でも青々しています。

寂しい花壇に、なんとな~く緑があって嬉しいです♪

このまま冬を越し、春先になったら今生えている古い葉をぷちぷち~と抜きます。

すると新しい葉がみるみる生えてきます♪

まぁ抜かなくても何の問題もありませんが(*´ω`*)



アルペンブルーは本当に爆発的に増えるので、

グランドカバーにはばっちりですね。

ただ、うちの場合増えすぎてちょっと困っています💦

抜けばすぐきれいに無くなるんですが、抜くのも気が引ける私(^_^;)

少しずつ整理整頓していかないとな~💦

他にも植えたい花あるし…




にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

カンパニュラアルペンブルーの夏越し

今日はカンパニュラアルペンブルーの夏越しの様子を。

うちの場合、カンパニュラアルペンブルーはやや夏越しが厳しいです。



☆真夏のカンパニュラアルペンブルー

こちら5月の様子。
DSC_2195[1]

DSC_2201[1]

きれいですね~♡ボリュームたっぷり♡



そして・・・

こちら8月現在の様子。
KIMG0710.jpg

KIMG0711.jpg


おおぅ・・・

耐えてます・・・

5月のボリュームある美しい姿はどこへ・・・

同じ花とは思えないほど小さくなりました・・・



カンパニュラアルペンブルーは、真夏の直射日光や高温多湿を嫌うので

うちの花壇で夏越しをするにはコツがいります。

それは、枯れた葉をとらないことです。

夏になると葉が枯れる、そして小さくなるのですが、

枯れた葉がいい具合に日陰を作って、根元の新芽を守ってくれます。

日傘みたいなもんです。

去年は枯れ葉をこまめに取っていたら

新芽が焼けて株が枯れました(笑)

枯れた葉にも役割があるので、頑張ってもらいましょー(^^)



よく見ると、ちっちゃい葉が株元に沢山出てきてますので今年は大丈夫です。

何事も経験ですね~。

毎度のことながら、鉢植えなら日陰に移せばいいだけですが

うちは移動不可の地植えもいます。

地植えで夏を越すために試行錯誤です・・・



でもこちらもこぼれ種で増えるので、

春に勝手に出てきてくれます(^^)

夏越しできなくても、もしかしたら春にひょっこり芽が出るかもです。

てゆーかうちはコンクリートの駐車場の隙間から勝手に出てます。

何で???

植えた覚えないし・・・、どうやって種が飛んでいったのか不思議(笑)




にほんブログ村

PageTop

カンパニュラ アルペンブルー

梅雨真っ只中の関東地方ですが、

昨日今日は良い天気。

日陰のじめじめ花壇の処理には良い天気です。


今日はカンパニュラ アルペンブルーの花後処理をしました。

DSC_2357.jpg


おとなりさんから頂いたカンパニュラ アルペンブルー。星のような形がきれい☆

花が終わったらその茎を引っ張って取ったり、刈り込みしたりします。

基本は花が付いた茎(花茎)を、根元から引っ張って取るか、切ります。

花が終わった花茎を残していても、いずれ枯れるので

思い切って根元からぷっつんです。

そうすると新しい花茎が伸びてきて、また花が咲きます。

秋にも花が咲くことがあるので、楽しみにしています♪




カンパニュラアルペンブルーは、日陰でも育つ、優秀さんです。

乾燥を好むそうですが、多少の湿度には耐えるので、うちの花壇でも大丈夫でした♪

一度植えると雑草のように色んな所から生えてきます(^_^;)

どこから飛んだのか分からないこぼれ種。

増やす気がなくても増えました。ほんとに、爆発的に増えていきます・・・

DSC_2242.jpg


もはや最初にどこに植えたのか分かりません。

グランドカバーには良いですね♪



さて、肝心の花付きですが。

DSC_2195.jpg
5月 日当たりテラス

DSC_2201.jpg
5月 日陰花壇

日陰でも日向でも、あまり花付きに変わりはないようです。

多少日向のほうがいいのかな?でも気になりません。

我が家では5月上旬から咲き始め、今もぽつぽつ咲いています。

花期が結構長いのもうれしいですね♪



とっても丈夫なカンパニュラアルペンブルーですが、

我が家のような夏に高温多湿になる花壇では、ちょっと気を付けなければならないことがあります。

それは、夏に枯れた葉を取りすぎないこと!

うちの花壇は夏だけ直射日光が結構当たります。

本来は半日陰が良いそうなのですが。

地植えなので移動できず、日光にやられて葉が枯れ、株が小さくなっていきます( ;_;)

でも、株元からは新しい葉がスタンバイ。

枯れた葉が新しい葉に日陰を作ってくれているので、そのままにして、秋に整理します。

ただ、蒸れも良くないので腐らないように適度に間引いています。

ほんと、手間のかかる花壇…

…でもまぁ、アルペンブルーは枯れてもいつの間にかどこからか生えてくるので

あまり気にしなくてもいいかもしれません(^_^;)


来年はどこから出て、びっくりさせてくれるのか楽しみです(笑)




にほんブログ村

PageTop